私のまわりのヘルパーさん サップ

シンガポールに来る前は中東で働いていたウチのヘルパーさん。

日用品がなくなったらしく、
「Mam,サップを買ってください」と言ってきた。

「サップ?なんだそれは?」と聞くと
「サップです。あのー、サップ」と。

「なんかのスープが欲しいの?」と聞くと
「スープじゃないですー。サップです。サップ。
えーと…サボン‼︎サボンです。体とか顔とか洗います!」


「あー、わかった!サボンね。スープじゃなくてソープね!」
「そうです!サップです!!」


「OK,わかった。こないだと一緒の固形のやつ買ってくるよ」と言うと
「Mam はなんで英語だと通じないのにアラビア語だと通じるんですか?」と不思議そうに言われた。

それはー…
外来語ならなんでも受け入れる日本人だからじゃね?

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。