• HOME
  • 記事
  • 基本情報
  • MOMがFDWおよび雇用主向けの新型コロナウイルスに関するアドバイザリーをリリース

MOMがFDWおよび雇用主向けの新型コロナウイルスに関するアドバイザリーをリリース

  1. 2月4日、シンガポール保健省(MOH)は,FDW(Foreign Domestic Worker)が新型コロナウイルス(2019-nCoV)に感染したと発表しました。同FDWは、職場で中国からの観光客を接客したシンガポール人宅で就労していました。

  2. シンガポール労働省(MOM)、Centre for Domestic Employees(CDE)およびForeign Domestic Worker Association for Social Support and Training(FAST)は、雇用主とFDWが自分自身とその家族が新型コロナウイルスから身を守るためにできる措置を以下にまとめ、公表します。雇用主は、現時点での新型コロナウイルスの状況と対策についてFDWを啓発教育することをお勧めします。

一般的な対策

  1. 雇用主とFDWは、個人の衛生管理を徹底することが奨励されます。 乳幼児のお世話をしているFDWにおいては彼らの衛生状態も守るための工夫やサポートをするように指導しましょう。
  • 石鹸による手洗いを頻回に行いましょう。特に食べ物を扱う前や食事をする前、またはトイレに行った後は手をよく洗ってください。
  • 咳やくしゃみをするときは、口と鼻をティッシュで覆い、汚れたティッシュはすぐに捨てましょう。
  • 食べ物・飲み物、食器・カトラリー、歯ブラシ、タオルを他の人と共有しないでください。
  • 気分が優れない、咳や息切れなどの症状が出た場合はマスクを着用してすぐに医師の診察を受けてください。
  1. 雇用主は、FDWを含む家族全員に、少なくとも1日2回は検温し、呼吸器症状がないか確認しましょう。 FDWの調子が悪い場合は、医師の診察を受け、十分な休息を取るようにし、可能であれば、体調不良のFDWと乳幼児の接触を最小限に抑えるための措置を講じてください。

幼児、高齢者、要介護者、病人などの世話をしているFDW

  1. 乳幼児、高齢者、または病人、特別な介護を必要としている人のお世話をしているFDWについては、追加で講じるべき予防策について雇用主とFDWが予め話し合うことをお勧めします。 これらには以下の要件が含まれます:
  • 彼らの健康状態を常に監視し、症状をすぐに把握できるようにする
  • 定期的な検温を実施する

FDWの休日の過ごし方

  1. 乳幼児、高齢者、または病人、特別な介護を必要としている人のお世話をしているFDWは、感染するリスクを軽減するために休日の外出を控えるなどの予防対策を講じる必要があります。雇用主はFDWと代替案について話し合い、休日の取り決めについて予め相互合意を得ておきましょう。例えば、この期間中は外出を控え、自宅で休息を取れるように配慮することも選択肢として検討すべきでしょう。その場合、休日に就労を促さず、しっかり休息が得られるように配慮してください。FDWがこの期間中に休日を返上し休日就労を選んだ場合は、該当する日当を支払わねばなりません

  2. 休日に外出するFDWは、次の点に注意してください:
  • 混雑した場所や大規模な集まりを避ける
  • インフルエンザのような症状を示す人との接触を避ける
  1. 特にこの期間中は、雇用主とFDWが互いにオープンなコミュニケーションを維持できるよう努めてください。また定期的にシンガポール保健省(MOH)のウェブサイトwww.moh.gov.sgにアクセスし、常に最新情報を入手してください。

【これはMOMがリリースしたアドバイザリーを抄訳したものです】
https://www.mom.gov.sg/2019-ncov/advisory-to-fdws-and-employers

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。