MOMがFDWに対し休日を自宅で過ごすよう要請

MOM(Ministry of Manpower)はCOVID-19拡大のリスクを軽減するためFDW(Foreign Domestic Worker)に対し、大規模なグループでの集会を避け、休日を自宅で過ごすようアドバイザリーをアップデートしました。

MOMはFDWに対し、この期間中の休日を自宅で過ごすことを要請しています。休日の過ごし方については、雇用主とFDWが互いに同意する必要があります。

休日に就労を促してはいけません。ただしFDWが休日を返上して就労する場合、平日に代休を振り替える、もしくは該当する日当を支払わねばなりません。またFDWが外で用事がある場合、混雑していない平日に済ませるように促してください。

FDWが日曜日に外出しなければならない場合、雇用主はFDWに対し下記について指導する必要があります。

・休日にラッキープラザ、シティプラザ、ペニンシュラプラザなどの公共のスペースに集団で集まらない
・衛生管理を徹底し、他人との距離を一定に保ち、握手をするなどの物理的な接触を避ける
・食べ物・飲み物、食器・カトラリー、歯ブラシ、タオルなどを他人と共有しない

またFDWは自分の健康状態を管理し、社会的責任を果たす必要があります。もし気分が悪い場合は医師の診察を受けてください。

雇用主とFDWは互いにオープンコミュニケーションを行い続けることを推奨します。

※過去のFDWのアドバイザリーより&Hにて一部追記

【これはMOMがリリースしたアドバイザリーを抄訳したものです】
https://www.mom.gov.sg/2019-ncov/advisory-to-fdws-and-employers

日当の計算方法はこちら

MOMが新規入国・再入国するFDW向けの入国許可申請要件ならびに外出禁止措置(SHN)に関するアドバイザリーはこちら

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。