• HOME
  • 記事
  • ヘルパーNews
  • セントーサ・コーブの自宅でヘルパー(メイド)2人を殴ったりつねったりして虐待した女性の裁判開始 Woman on trial for abusing two maids at Sentosa Cove home by pinching, hitting them

セントーサ・コーブの自宅でヘルパー(メイド)2人を殴ったりつねったりして虐待した女性の裁判開始 Woman on trial for abusing two maids at Sentosa Cove home by pinching, hitting them

セントーサ・コーブの自宅でヘルパー(メイド)2人をつねったり、殴る蹴るなどして虐待した罪で、雇用主の女性が12月8日に裁判にかけられた。
Tan Lee Hoon被告(56歳)は、2年前にパラダイス島24番地にある彼女の自宅で雇用していたフィリピン人ヘルパー(メイド)2人に怪我をさせたとして、8つの罪状について争っている。

法廷では、被告人の夫であるSim Guan Huat氏が2015年10月に33歳のLizardo Joan Lozares氏を、2018年8月に39歳のJenefer Vegafria Arangote氏をヘルパー(メイド)として雇ったことが明らかになっている。
被告人は2018年9月にArangote氏の右上腕、お腹、胸、腕、太ももをつねったと告発され、さらに2018年10月にLozares氏の頭を殴ったり、胸を蹴ったりしたほか、棒で体を殴ったという。
2018年10月17日の朝、別のヘルパー(メイド)がArangote氏が雇用主に殴られていることをMOMに通報、雇用主による殴打で受けたアザの写真を持っていると主張した。
警察は通報を受け、2人のヘルパー(メイド)を病院に連れて行った。

この事件を担当した捜査官が検察側の証言台に立ち、MOMから虐待事件の報告を受けた後、セントーサ・コーブのパラダイス島に向かい、被害者と話をしたことを証言した。そこで警察の写真担当官は寝室、階段、リビングルームなどの事件が起きた場所の写真を撮った。
捜査官による証言に加え、被害者による供述によると、ヘルパー(メイド)の一人は、被告人が靴を履くのを手伝っていた際に蹴られ、また別の被害者によると、被告人にマッサージをする際に足の指を使って被害者の手首をつねったという。
捜査官による証言によると「被害者の1人は、木の飾りを下ろすように頼まれたか、木に何かを吊るしている最中に何かが落ちてきて、被告人が不機嫌になって暴力に発展したようだが、具体的に何をされたのかは覚えていない 」と話した。さらに家の中には様々な角度で設置されたCCTVがあり、虐待は1階と2階に渡って発生したと付け加えた。

しかし、CCTVが押収されたもののサーバーにはハードディスクがなく、データも保存されていなかったため、警察は映像を得ることができなかった。捜査官は違和感を感じ、CCTVを設置した会社に確認。会社責任者によると設置の際に特に変わったことはなく、CCTVにはハードディスクを含むすべての設備が備わっているはずで、ハードディスクを取り外したり録画の設定変更などを別の会社に依頼しない限り、ありえないと発言した。

弁護側は被害者が証言を変えたと主張

弁護人のSunil Sudheesan氏は、捜査官の証言を取り上げ、法廷での証拠と被害者の供述を比較した。Sudheesan氏は、捜査官が被害者が棒で殴打されたという疑惑について言及、捜査官が現場に行った2018年10月17日において証拠品となる棒が押収されていなかったことを指摘した。
捜査官は、「私が被害者たちを自宅から連れ出す前に、被告人が暴行に使用したすべての棒を処分した事実を確認しました」と述べ、「被害者によると複数の棒があるということでした。棒が壊れた時には新しい棒と交換するように指示していたそうです」と続けた。

被害を受けたヘルパー(メイド)たちが捜査官に語ったところによると、虐待に使われた棒は捨てられたか隠されたかのどちらかで、彼女たちはこれらの「武器」を探すために虐待現場に戻ったり、ゴミ箱をチェックしたりはしなかったという。
弁護人は、「被害者たちは何度も話を変えている」と主張したが、捜査官によると、彼らが言ったことを 記録しただけだという。さらに弁護人は、ヘルパー(メイド)の話にいろいろなバージョンがあったことを認めるかどうかを尋ねた。
捜査官は、「私は被害者二人の証言を記録しましたが、それらの証言が二転三転と変わったというよりも、単に事件に関する情報が増えていっただけです。あなたの質問については答えられません」と応じた。

次回の裁判では被害を受けたヘルパー(メイド)の一人が証言台に立つ。故意に傷害を引き起こすことの有罪判決を受ければ、被告人は2年までの懲役、5,000シンガポールドルまでの罰金、またはその両方、それぞれの罪状において刑に服す必要がある。犯罪がヘルパー(メイド)に対してということもあり、有罪の場合、元の刑罰の1.5倍までの厳罰が与えられる可能性がある。

【これは元記事を抄訳したものです】https://www.channelnewsasia.com/news/singapore/woman-trial-abuse-maids-sentosa-cove-pinching-hitting-13724358
https://www.straitstimes.com/singapore/courts-crime/trial-begins-for-woman-accused-of-abusing-two-maids-in-her-sentosa-cove-home

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。